読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niko life...

ニット帽をかぶって写真を撮っています。

秋といえば栗きんとん、栗きんとんといえば中津川

栗きんとんと聞いて、おせち料理とイメージするか、高級和菓子をイメージするか。

もちろん私は高級和菓子。栗好きなら、たまらないお菓子。ただ一個180~240円もする。小さいのに!

f:id:niko_97:20141017222435j:plain

今まで知らなかったんですが、おせち料理の栗きんとんは「栗金団」と書き、

高級和菓子の栗きんとんは「栗金飩」と書くんですね。知りませんでした。

 

そんな栗金飩は、岐阜県中津川市が発祥の地とよく聞きますが、

岐阜県八百津町も発祥の地だとか。どっちなんだい。

 

食べ物の元祖は、どこが元祖なのか本当にわからない。

 

 

中津川の「栗きんとん本家すや」は有名で、やっぱり美味しい。
写真が見つからなかった。どこにいったんだい、栗きんとん。

 

八百津の「元祖 栗きんとん 緑屋老舗」も、美味しい。中津川と比べると、八百津の栗きんとんは安い。個人的には、緑屋老舗の栗きんとんが好きかも。

f:id:niko_97:20141017222258j:plain

栗きんとんは、秋に一度食べるかどうか。そんなに頻繁に食べることはできない高級和菓子。

なのに、こんなにいっぱい・・・栗きんとんが・・・・

栗きんとんがかけているのは、もう言わなくてもわかることですよね。

緑屋老舗では購入したときに、お茶とミニ栗きんとんのサービスがあって、感激しました。

f:id:niko_97:20141017224430j:plain

小さくても栗きんとん。最高ですね。

 

岐阜県恵那市の栗きんとんも、話題になります。

中津川や恵那では、栗きんとんの食べ比べができるセットが販売されています。

f:id:niko_97:20141017224732j:plain

栗きんとんの食べ比べ、なんて贅沢なんでしょう。ここ数年、毎年販売されています。いろんな和菓子屋さんの栗きんとんが集まっています。

一個を包丁で三等分して食べました。食べ比べると、違いがわかるんですよね。見た目から始まり、なんていうの。食感や甘さ、しっとりさ。栗の粒が残っているか。

ただ栗きんとんって小さいから、すぐ食べ終わっちゃう。あぁ、もう無くなっちゃった。

 


今では、全国各地の和菓子屋さんで栗きんとんは販売されているんでしょうか?

 

 

これだけ書いておいて、実はカボチャのほうが好き!なんて今更言えない。

 

中津川市は、馬籠宿もあるのでオススメ。また今度、馬籠宿について書こうかな!いいよね、宿場町。五平餅が美味しいんだよね、中津川って。

やっぱりグルメについて書いてしまいそうですね。

 

 

アイコン変えました。持っているカメラは、Nikonではなくnikoです!!!